「マーケティングテクノロジーフェア2015」における特別講演

購買データと意識データが生み出すリアルターゲット

今年1月、東京ビッグサイトで開催された「マーケティングテクノロジーフェア2015」において特別講演の機会を設けていただきました。事例を交えながら「ターゲットをよく見る」ことの重要性をお話しいたしました。150の座席はほぼ満席状態となり、大変感謝しております。

セッション内容
株式会社アクシバル代表取締役社長 沼田洋一

株式会社アクシバル
代表取締役社長 沼田洋一

テーマは「購買データと意識データが生み出すリアルターゲット」。自分たちの商品を買っている人はどんな人なんだろう? 店頭で販売している商品のユーザーを実際に深く知ることは大事なことですが、なかなか困難です。

“アンケート調査をする”“グループインタビューをする”……、どんな方法を用いるにせよ、既存の手法では獲得できる情報に限りがあります。そこで、大規模なアンケート調査と購買パネルデータを組み合わせることで、実際に商品を買っている人がどんな意識を持ち、どんな行動をしているのかを明らかにすることで、これまで以上に「リアル」なターゲット像をつかめることをお話ししました。

イベント概要

「マーケティングテクノロジーフェア 2015」(第3回)

マーケティングテクノロジーフェア(英名:TFM&A)は、最新のマーケティングテクノロジーが集結するBtoBトレードショーです。  データベース、デジタル、ダイレクト、CRM、オンラインなど、様々な手法や顧客とのコンタクトチャネルで活用できるマーケティングソリューションとサービスはもちろん、実践のノウハウから理論まで効果を生み出すための最適な情報を取得できます。

2015年1月28日(水)、29日(木)
東京ビッグサイト 西4ホール

参考情報

http://www.tfm-japan.com/